ハイドロキノンの効果

ハイドロキノン 副作用

お肌に優しいハイドロキノン

ハイドロキノンの美白効果は従来の美白成分、「ビタミンC誘導体」、「アルブチン」、「ルシノール」、「エラグ酸」などと比べて数倍から100倍の効果といわれています。

また、炎症性色素沈着や老人性色素斑のシミにも有効で効果的ですので皮膚科やクリニックでも使われている所が多いです。

しかし、気になるのが副作用。ハイドロキノン 副作用でも書きましたが効果的な成分ほど刺激も強いものですので注意が必要です。

最近では、ハイドロキノンの効果は変わらず、刺激が少ない「新型ハイドロキノン」「安定型ハイドロキノン」なども開発されているのでできるだけお肌に優しいハイドロキノンを使用すべきです。

刺激が少ないハイドロキノン化粧品ランキング

ビーグレン トライアルセット
シミ美白ビーグレン

国際特許の浸透技術

b.glenのハイドロキノンクリーム(美白クリーム)は、国際特許の浸透技術で1.9%の濃度のハイドロキノンをナノカプセル化することで4%濃度のものと同等の効果があります。ハイドロキノン特有のお肌への刺激が1/2なのに美白効果は2倍

まずはトライアルセットからこちら b.glen(ビーグレン)トライアルセット

1,890円
送料無料
詳細ページへ
アンプルール トライアルセット
新安定型ハイドロキノンアンプルール

新安定型ハイドロキノン

ハイドロキノンがもつ美白力はそのままに、「熱や光に弱く酸化しやすい」という欠点を見事に克服した“ 新安定型ハイドロキノン ”を配合のラグジュアリーホワイトコンセントレート。

できてしまったシミや、肌の奥に潜在する未来のシミのもとに素早くアプローチし、色ムラのない透明感あふれる肌を実現します。

まずはトライアルセットから こちら 美白トライアルセット

1,890円
送料無料
詳細ページへ

ハイドロキノンは浸透しづらい

ハイドロキノンは浸透しづらい成分ですので、美白目的なら問題ないでしょうが、ハイドロキノン単体でシミを消そうとお考えの方は失敗するかもしれません。

クリニックなどでもハイドロキノン単体での使用は少なくビタミンAの誘導体トレチノイン(トレチノインは、シミの他にはしわやニキビの治療薬として有名ですね)やビタミンC(アスコビル酸)と併用します。

トレチノインは皮膚の角質をはがすピーリングの作用を持っていまして、皮膚のターンオーバーを促進してくれます。美肌効果、若返り・アンチエイジング(老化防止)効果のある成分ですが刺激は大変強いです。

アスコルビン酸は強い抗酸化作用がありお肌の修復効果があります。紫外線の影響からお肌を守り、ハイドロキノンの酸化を防止する役割を果たします。

トレチノイン治療の順番は

1.洗顔→2.化粧水→3.ビタミンC→4.トレチノイン→5.ハイドロキノン→6.クリームの順に行います

トレチノインを使用した部分の皮膚が赤くなってきます。この反応は、トレチノインを使用すれば必ず伴う反応ですので気にしないで下さい。そして2〜3日後には、ポロポロと日焼けした後のように皮がむけてきますので、皮膚が剥がれた上にハイドロキノンを塗れば浸透があがります。

ハイドロキノンとトレチノイン療法

日本のオバジとは一味違う

ハイドロキノンは比較的簡単に手に入りますがトレチノインは日本では認可されておらず手に入りづらいですね。オバジ・ニューダーム・システムにも混ぜて使用しますのでご存知の方は多いと思いますが、副作用や高額であるといった問題があるにも関わらず海外では広く使用されています。

オバジ オバジニューダームシリーズ
オバジニューダームシリーズ

日本でもテレビCMでお馴染みオバジ!

皮膚の表面だけでなく、細胞から改善し新しい皮膚再生を促す為、シミ、そばかす、シワ、クスミ、たるみ、ニキビやニキビ跡などを除去して肌を若返らせます。

本当にお肌の悩みを改善したいと思っているアナタヘ!これは体感した人しかわからない。

注;オバジニューダームシリーズにはトレチノインは含まれていません。

必要な場合は赤のトレチノインクリーム 0.1%もしくは青のトレチノインクリーム 0.05%をお買い求めください。

32,900円
送料無料
詳細ページへ

ハイドロキノンはヒドロキノン(hydroquinone)とも呼び医薬部外品としてのヒドロキノンはハイドロキノンと主に呼ばれます。強力な漂白作用が特徴で、最近になり、美白剤として皮膚科などで処方されましたり、薬局などで軟膏・クリーム等が販売されるようになりました。そもそも昔は、日本でも、昭和32年までは、一般的な化粧品に含まれていましたが、副作用として不可逆的白斑になる可能性が高いとして厚生省が禁止にしてしまいました。しかし、白斑の原因はこの一度白くなったら簡単には元に戻らないとされる「ハイドロキノンモノベンジルエーテル」という別の成分でしてあのマイケルジャクソンも色を白くするためにも使ったとされています。(尋常性白斑という病気にかかったと言われる場合も)ハイドロキノンは付け続けて肌が白くなりますが、その作用は可逆的で、強い紫外線を浴びると元に戻ってしまうのですから使用法を守ってさえいれば白斑の心配はありませんが高濃度の使用や長期間継続使用によって白斑の可能性は高まります。 刺激も強く決して安全だとは言い切れないのですがメラニン色素が沈着してできてしまったシミ・そばかす、キズや火傷などの炎症後にできる色素沈着などを改善する肌の漂白剤とも呼ばれるほどです。 最近では研究が進み、酸化・変質しにくい性質の「新型ハイドロキノン」「安定型ハイドロキノン」などの名称で化粧品などに配合されていますので比較的安心です。

Copyright © ハイドロキノンについて All rights reserved