Home>ハイドロキノン詳細

乳首の黒ずみで悩んでいる方へ

コンプレックス

乳首の黒ずみが気になる女性は世の中に多数いらっしゃいます。

彼氏とかに黒いと言われてコンプレックスを持つのですね

しかし、日本人では、薄茶色の乳首の人が圧倒的に多いと言う事実は知っていましたか?

ある調査によるとピンク色の乳首の持ち主は約5人に1人しかいないそうです。

意外だと思いませんでしたか?

あれだけ悩んでいた乳首の黒ずみなのに他の4人の方はピンク色ではないのですから

そう、あなたの友達もあなたと同じような乳首の色なんですから深刻に悩む事ではありませんよ。

どうしても気になるようでしたら友達と見せ合っても良いですし、気まずければプールの着替え時や温泉旅行に行ってこっそり見ても良いですし、銭湯に行って見ても良いですね。

きっと安心しますよ。

乳首の黒ずみがどうしても気になる方は

ハイドロキノン 乳首

もうすでに友達や他人と比べてみて明らかに私の乳首の方が黒かった。同じくらいだったけどやはり気になるっていう方もいらっしゃるでしょう。

どうしても悩んでいる方以外にはオススメはしないのですけれども、乳首の黒ずみの対策に有効とされている方法はハイドロキノンとトレチノイン酸です。

これらの成分は、クリニックや病院で処方されるクリームですので、効果もあるでしょうが気になる点が1点。

それは副作用です。

副作用の詳細は別ページのハイドロキノンの副作用で書いてますので参考に

ハイドロキノンとトレチノイン酸の副作用も受け入れる

ハイドロキノン 病院

ハイドロキノンとトレチノイン酸の副作用も受け入れる方は最寄の医療機関でお悩みを解決してください。

★ハイドロキノンとトレチノイン酸の副作用が受け入れられない場合は以下の対処法が考えられます。

1.最寄の医療機関でレーザー治療など別の方法を相談してください

2.化粧品などを試してください。

化粧品では、トレチノイン酸が使用できないのでレチノールという100分の1程度の効果しかない成分を代用していますが、その分副作用が抑えられ、日常安心して使用できます。

特にビーグレンという化粧品はハイドロキノンの濃度は1.9%ですが、皮膚科医が処方する4%レベルのハイドロキノンクリームと同等の美白効果が実証されているのでオススメですし、国際特許の浸透技術は気になりますね。

また、ジャムウという石鹸も人によって効果はなかったという方も多いみたいですが良いみたいですね。

ハイドロキノンが乳首の黒ずみ解消には良いけれども

単体では効果は劣ります

ハイドロキノンが乳首の黒ずみ解消には良いけれども、ハイドロキノン単体では効果は劣ります。一般的にはトレチノイン・ハイドロキノン・ビタミンCこの3種のあわせ技で黒ずみを解決させます。

しかし

トレチノインは皮膚が炎症を起こします。炎症が起きるという事は良い方向に向かっているのですが、炎症性色素沈着(傷・やけど等の炎症の後にできるシミ)を引き起こす場合もあるので対策としてハイドロキノンを使用して紫外線には気を付けてください。特にレーザー治療の場合は炎症性色素沈着がひどくて自然に治らないケースもあるみたいですので乳首の黒ずみ解消には勇気がいりますね。レチノール酸でも効果があれば良いのですが確実性はなく個人差があると思います。

ハイドロキノンやトレチノイン酸(レチノイン酸)が乳首や乳房の色素沈着に良いとされていますが、副作用が気になりますので深刻にお悩みの人以外はオススメできません。代わりに化粧品に含まれるパルミチン酸レチノールを使う手もありますが、効果は落ちてしまいます。しかし、美白化粧品でも乳首や乳房の黒ずみは薄れたという方やハイドロキノン単体でも効き目はあったという方もいますから試してみる価値はあるかも知れません。レーザー治療も考えられますが、色素が一部抜けたりする脱色素斑になってしまう場合もあるので危険性もあります。

Copyright © ハイドロキノンについて All rights reserved